からっぽだけどやってみたぶろぐ

どこかでネタになればいいなの占いもどきや、やってみたことを書いてみました。

摂食障害(拒食症)について語ってみた④ ~ 動けない ~

おはこばわん(・∀・)

 

摂食障害(拒食症)について
語ってみます第4弾です💡

amzn.to


今回は運動能力の低下
についてです。

 

痩せるとともに筋肉が減るからか、
段々と動きに不便が出てきます。
いくつか挙げてみますと

 ・走れない
 ・階段を上るのが遅くなる
 ・つかまらないと起き上がれない
 ・手も使わないと立ち上がれない
 ・ジャンプが低くなる

運動が好きな方には辛そうです(/_;)
思うように動けないのです。




私の経験上、ある体重を下回ると
このような状態になります。
具体的な数字は身長等の違いもあるし
人によると思われますが、
もし拒食症で動きづらくて治したい方
いらっしゃれば、
まず動ける体重を目指す('_')丿
というのも
ありなのかもしれませんね(゚∀゚)💡

 

個人的には、不便であっても、
治したいという考えが
ありそうでないような…(;´∀`)
やっぱり体重を上げる努力を
したくないというのが
1番に来てしまいます。

それは単純に「太る」という
ことへの抵抗だけでなく
「健康になりたくない」という
意識もあるような気がしています。
これは摂食障害とは
また別のことなのかなーと
自分では考えています。
過去の出来事から
自分は最低で生きていちゃいけないんだ
生きていたくない
というような考えがあり、
そのことも関わっているのかも
しれませぬ(=_=)

でも動けないのは
きついですよー。
電車に遅れそうでも
急ぐに急げない ε=(´Д`)ノマッテー
頭の中では走っているのに
実際はへろへろしてしまいます。
階段も、疲れているわけではないのに
速く上れません('_';)

そのような状況になるのですが
なぜだか
それを治したいという意思が
生まれてきません。
焦りが出てこないというか…
私だけなのかなぁ。

 もやもや
   もやもや。。。

なんだかもやもやしてきたので
やーめっぴ!
こんなのもあるのですよ~
ということで、記事にしてみました💡

 

読んでくださった方、
ありがとうございました。
なにかしらご参考になったり
良いきっかけができれば
幸いでございますです🌷

 

それでは(*・_・*)ノ